2018年5月23日水曜日

インターナショナル・フレーバー&フレグランス(IFF)の新規獲得

 駐車場でブルーバードに乗り込むと、そばにいたときは意識しなかった佐伯奈緒子のほのかな香水の匂いがした。さすがに女の武器と言われるだけあって、不思議な作用をするものだ。青梅街道に出て、小止みになった雨の中を新宿へ向かって走り出したとき、遠くかすかにパトカーのサイレンが聞こえたような気がした。サイレンは私の頭の中で鳴っていたのかもしれない。
尞 『そして夜は蘇る』 HAYAKAWA POCKET MYSTERY BOOKS No. 1930 
探偵沢崎、改め澤崎さん、香りはなにも女だけの武器とは限らない。いわゆる日用雑貨・生活必需品を提供する大企業も、おおいにそれを使って人々をたぶらかしている。確かに貴兄のブルーバードにファブリーズは無いであろうと推察するが・・・しかし私立探偵とはいえ身だしなみには、多少は気を配るはずだ。整髪料、スキンローション、歯磨き粉、シェービングクリーム、洗剤、石鹸・・・

2018年5月19日土曜日

株式への長期投資という選択 その2 -農林中金バリューインベストメンツでの座談会-

 今や日本は世界第三位の経済規模をもち、世界最大の債権国の一つでもあります。世界的な富裕国家の国民が資本家的発想を持たず、一七〇兆円を超える家計金融資産の半分以上が銀行預金となっていることは、日本人の個人資産、ひいては日本の国富にとって重大な損失です
川北秀隆 / 奥野一成・編著 『いま日本を代表する経営者がかんがえていること』 ダイヤモンド社
前回の記事『株式への長期投資という選択 その1 -農林中金バリューインベストメンツでの座談会-』でも書きましたが、農林中金バリューインベストメンツさん(以下NVIC)は、農林中金〈パートナーズ〉米国株式長期厳選ファンド」の個人投資家向け公募設定を機に、一般的な日本人にも、利の乗らない貯蓄や投機的な金融商品ではなく、腰の据わった株式長期投資を訴求していこうとのお考えのようです。

2018年5月16日水曜日

株式への長期投資という選択 その1 -農林中金バリューインベストメンツでの座談会-

物事の本質は時代が移ろっても変わらないものである。大事なことは、資本家として(その投資金額がいかに小さくとも)企業の営む事業や企業経営者を主体的に選択し、その投資先企業の企業価値を時間をかけて楽しむことである。
奥野一成 / 川北秀隆 『京都大学で学ぶ企業経営と株式投資』 きんざい
誰かが誹ったにちがいない。GW明けの小雨がぱらつく肌寒い水曜日の夜、『新たなる情報源 ー農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンドー』というロクでもない記事を書いてしまったがために農林中金バリューインベストメンツ(NVIC)に目をつけられた投資家K.は、東京メトロ神田駅から徒歩約10分(迷ってしまい15分、JR神田駅前のうまそうな飲み屋街を横目で見ていて結局計20分)の鎌倉橋のたもとにある農林中金バリューインベストメンツのオフィスに出頭を求められた

2018年5月11日金曜日

A.O.スミス(AOS)の2017年度

三十年以上も前にエドワード・グレイ(第一次世界大戦中のイギリス外相)が私に言った言葉を、私は思い出した。合衆国は「巨大なボイラーのようである。いったんその下に点火すると、生み出す力には際限がない」という言葉だった。感激と興奮とに満たされ、満足して私は床につき、救われた気持ちで感謝しながら眠りについた。
W・S・チャーチル『第二次世界大戦3』佐藤亮一・訳 河合文庫
日本の真珠湾奇襲攻撃の一報に接したチャーチルが、米国の参戦確定による連合軍の勝利を確信したシーンです。彼の安眠は、戦艦プリンス・オブ・ウェールズの撃沈や、シンガポール陥落等で、たびたび妨げられることになりますが。

2018年5月2日水曜日

2018年4月28日土曜日

ポートフォリオの再編成《スレッジハンマー》第二・第三弾

 私はいまやオーキンレック将軍に指揮解任を告げなくてはならなくなった。過去の経験から、この種の不愉快なことは口頭よりも書面によるほうがよいのを学んでいたので、私は次の手紙を持たせて、ジェイコブ大佐を空路彼の本部に派遣した。
W・S・チャーチル 『第二次世界大戦3』佐藤亮一・訳 河出文庫
きたるべき砂漠のキツネとの決戦を前に、時の英国首相チャーチルは指揮権の変更を決断します。ずいぶん思い切ったことをしたもんだ。それからほどなくして連合軍はエル・アラメインの戦闘で歴史的な勝利を得ます。
「アラメイン以前に、われわれには勝利はなかった。アラメイン以後、われわれには敗北はなかった」
サッカーには興味がこれっぽっちもないのですが、ワールドカップ目前で日本代表チームの監督が変わりましたね。これまたずいぶん思い切ったことをしたもんですね。


2018年4月21日土曜日

投資家K.の休日

Roosevelt: It must be late there.
Churchill: In more ways than you could possibly know.
映画『チャーチル』より

最近ひとりの時間が確保できない。週末、ムスメ(3歳)と遊ぶのは私の役割だし、毎朝調理もする。平日も4月から認可保育園に滑り込みで入ることができた結果、夜7時まで預かってくれようになったので、送るのも迎えるのも週の半分以上私がやっている。

メジャーにしろ、プロ野球にしろ、じっくり一試合楽しめたことは久しくない。

2018年4月14日土曜日

害虫防除がサイエンスの域に達するとき その4 - ローリンズ(ROL) -

「そうです、カステルさん」と、彼はいった。「まったく、ほとんど信じられないことです。しかし、どうもこれはペストのようですね」
カミュ 『ペスト』 宮崎嶺雄・訳 新潮文庫
そうです、カステルさん。地球温暖化です。やつらは益々跳梁跋扈します。油断大敵です。

というわけで害虫・害獣がもたらす災厄から、人々の家と商業施設を守るペスト・コントロールの雄、今年NYSE上場50周年を迎えるローリンズ(ROL)の2017年度を振り返ります。

年に一度の密かな楽しみ、ROLのアニュアル・レポートの表紙ですが、今年はどういうものかというと…(閲覧注意)

2018年4月7日土曜日

投資家K.の四半期レポート 2018 Q1

もう私の住んでいるところでは、2018年の桜は散りました。時は奔走します。2018年のQ1レポートです。

2018年3月31日土曜日

サードマンの収入明細(2018年3月)

我が家の3番目のProfit Center、サードマンの収入のアップデートです。なお配当履歴のページも更新しています。サードマンの由来はこちら