2014年4月30日水曜日

サードマンの収入明細 (2014年4月)

我が家の3番目のProfit Center、サードマンの収入です。
先日売却したコモンズ30の売却益は含まれていません。

2014年4月29日火曜日

2014年4月のポートフォリオ

以下がThe 3rd Man's  Fundの、4月27日時点でのポートフォリオです。1$=¥102.34で計算してます。あらかじめお断りなのですが、以下はすべて投資方針を策定する以前に購入しているので、方針に沿っていないものもあります。

2014年4月27日日曜日

アメリカ株式に投資する前に


What did you expect - golden butterflies hovering in a rosy mist?
フィリップ・マーロウのテリー・レノックスに 対する科白 
Raymond Chandler, "THE LONG GOODBYE" First Vintage Crime/Black Lizard Edition, August 1992 P24
先日策定した投資方針に沿うと、おそらく投資対象は米国株式が中心になってくると予想されます。

2014年4月26日土曜日

連続増配当株式ポートフォリオ命名

遭難や漂流、宇宙空間、災害現場などで危機的状況に陥った者の傍らに突然、「何者か」が現れて、生還へと導くー。この不思議な第三者に命を救われたという話は少なくない。冒険家のシャクルトンや登山家のメスナー、飛行士のリンドバーグほか数多くの事例を紹介し、脳科学や精神医学、宗教学の研究成果も踏まえてその正体に迫る異色ノンフィクション。
ジョン・ガイガー、『サードマン』 伊豆原弓・訳 新潮文庫 背表紙より
この本、面白いです。今読んでる最中です。
先日4/23/2014投資方針を策定しました。今後はその方針に従って投資を行っていきたいと思います。せっかくなので自分の増配当株式ポートフォリオに、巷の投資信託のように名前を付けてみたいと思います。

2014年4月25日金曜日

インデックス投資の罠

三十六箇の角型の、あるいは丸い缶詰の群れを自室の畳の上に積み重ねたとき、徹吉はなにがなし罪深いほどわくわくしてしまって、しばらくレッテルを眺めたり、ずっしりと重いその手ごたえを慎重に測ってみたりした。これは徒や疎かに食べてしまえるものではない。どうしてどうして、戦争はこれからも非常に長くつづくに違いない。すべてが窮迫していき、やがてはこのような食品はあたかも黄金のようにみえることになろう。
北 杜夫 『楡家の人びと 第三部』 新潮文庫 
北杜夫は人間のユニークな部分を観察し描き出すことにとても秀でている作家だと思います。彼の代表作『楡家の人びと』には、一見して奇人変人ばかり出てくるようですが、私が思うに、楡家の人々が実際に隣近所に実存していたとしても、案外ごく普通の家庭として映るのではないでしょうか。

2014年4月24日木曜日

投資方針

こんにちは。
さて前回のエントリーで述べた最悪のシナリオの備えのために、以下のとおり投資方針を2014/4/23日付で策定しました。

2014/8/15追記 投資方針はこちらのページでアップデート版が保存されています。

Goal
定期的にGenerateされる配当金+年金だけで生活する。その配当金はいかなる社会環境の変化にもかかわらず毎年増加しつづける。これにより株式や投資信託・債権等の売却で得たキャピタルゲインを取り崩さずに心穏やかに余生を謳歌する。


2014年4月23日水曜日

なぜ投資をするのか?

自分の国を守るということをすっかりおろそかにしていた。さっぱりそのことを考えず、日々の仕事にかまけていた。このところの出来事にてらして、あれこれ心配しないではいられない。わたしは王宮前の広場に仕事場をかまえる靴屋だが、夜明けに店を開くやいなや、どの通りの入口も武装した者たちに占められている。我が国の兵士ではなく、あきらかに北方の匈奴たちだ。
カフカ 『一枚の古文書』 池内紀・訳 白水Uブックスの短編集『断食芸人』

2014年4月22日火曜日

自己紹介を兼ねて

 Kが到着したのは、夜もおそくなってからであった。
カフカ 『城』 前田敬作・訳 新潮文庫 
はじめまして。適当なる投資家K.です。

連続増配当株に投資をしています。この4月になって仕事が暇だったのを幸い、勤務中に忙しいふりをして今後の投資方針を固めました。ブログにその投資の進捗や行動・考えを記載していくことで、いろいろ知識を深めていきたいと考えています。皆さんからも、折々いろいろアドバイスをいただければ幸いです。