2015年11月28日土曜日

『勝てるROE投資術』をどう活かす? - マコーミック・アンド・カンパニー (MKC) のレビュー -

マコーミック・アンド・カンパニー(MKC)が7.5%の増配を発表しました。

これで30年連続です。

それで、いまさらながらちょっくら2014年度版のアニュアルレポートを読みました。あと配当、自社株、そして負債 その2 -『勝てるROE投資術』を読んで-の復習もかねて、気になる数値も確認です。これまでのMKCに関する記事はこちらにございます。

2015年11月23日月曜日

配当、自社株、そして負債 その2 -『勝てるROE投資術』を読んで-

先日の1/2の神話再び -日本管理センター(3276)の獲得-という記事で、獲得した理由のひとつに
  • 和製銘柄にしてはROEが高く(約30%)、またそれを維持することを数値目標として掲げている
と訳知り顔で書いていましたが、果たして私自身がROEとは何かをきちんと把握している自信がないので、改めて広木隆さんが書かれた『勝てるROE投資術』(日本経済新聞出版社)を再読してみました・・・いやはや、ROEの数値をもとに判断する前に読んどけっちゅーねん。

2015年11月19日木曜日

1/2の神話再び -日本管理センター(3276)の獲得-

またもやブログタイトル的には不都合なアクションですが、本日2015/11/18に、日本管理センター(3276)を200株獲得しました。9月に日本エス・エイチ・エル(4327)を追加で獲得していますが、和製銘柄の新規獲得はずいぶん久しぶりになします。

2015年11月8日日曜日

米国の連続増配当株式スクリーニング可視化への挑戦と頓挫

 偉大な投資家になろうと思ったら、自分の身の丈に合った流儀を持たなくてはなりません。ウォーレン・バフェットは、ベン・グレアムのよいところを全部学び取りながら、ベン・グレアムのまねをせず、自分の道へ足を踏み出し、自分のやりかたで、自分のルールで、金を動かしました。そのことに気づいたとき、わたしはすぐに、偉大な投資家になる方法を教えてくれる学校などないという真理を胸に刻みました。
Michael Burry氏の言葉 マイケル・ルイス 『世紀の空売り』 東江一紀・訳 文春文庫
Burry氏の運営するサイオン・キャピタルは、創業してから5年の間に242%の収益増を記録したそうです。同期間のS&P500は6.84%の下落でした。彼は"なんのレバレッジも用いず、株の空売りもしなかった。普通株を買う以上の冒険はせず、部屋にこもって財務諸表を読む以上に複雑なこともしない″とのことです。すごいですね。

2015年11月1日日曜日

サードマンの収入明細 (2015年10月)

There is a mole, right at the top of the Circus.
映画『Tinker Tailor Soldier Spy』より、Oliver Laconのセリフ
我が家の3番目のProfit Center、サードマンの収入のアップデートです。なお配当履歴のページも更新しています。サードマンの由来はこちら